開業をサポートしてくれるフランチャイズ|募集条件なども事前に確認

イスとテーブル

維持するために必要です

飲食店利用者は、ホームページを参照して店舗情報を入手している場合が多いため、経営手段としても活用する事が必須です。ホームページは飲食店の存在、店の雰囲気、メニューなどの情報を一瞬にして拡散できるため、売上に貢献する可能性を有しています。

手軽に独立を果たす方法

相談

サポートを受けながら開業

独立して自分の店を持ちたいが、どうやって経営ノウハウを身につけたらいいか分からない、そんな人にとって有効な選択肢となるのが、フランチャイズ方式による開業です。フランチャイズ方式は、またの名を加盟店方式とも呼ばれる店舗経営の手法です。特定の業種における事業運営本部と契約し、一チェーン店として出店します。開業に必要な初期費用や開業後のランニングコストは店主自らが負担しますが、商品の仕入れ、販促キャンペーン、従業員の教育など、本部からは経営に係る各種のサポートが受けられます。月々の売上の中から一定のロイヤリティを本部に支払い、残りが店の収入となります。フランチャイズを募集している業種として代表的なものが、コンビニエンスストアやドラッグストア、ラーメン店、居酒屋などです。クリーニング店、美容サロン、不動産仲介業など、各種サービス業の分野でも募集が行われています。フランチャイズ方式を採用した場合、加盟店はそのチェーン店で使用されている商号を使用して営業することになります。つまり有名チェーンのフランチャイズとなれば、その知名度を生かした集客効果が開店当初から期待できることになります。これは、まったく無名の独立店として開業するよりも有利です。また、商品の品ぞろえやメニュー、サービス内容なども基本的にはグループ全体で統一されています。そのため、マニュアルに従うことで店舗経験の浅い者でも比較的短期間で経営を軌道に乗せることが可能になります。フランチャイズを募集している企業については、ポータルサイトなどを利用して探し出すことができます。すでに加盟したいチェーンが決まっているのであれば、その会社のホームページを見れば募集要項等をチェックすることができます。

工場

移転に向けた作業

工場移転のために大阪で貸工場を探すときには、不動産会社に希望する条件を伝えて、操業に最適な物件を紹介してもらうべきです。賃貸契約を結んだあとは、人材の研修と生産ラインの整備を行い、操業に向けて準備を進めるのがポイントです。

治療

接骨師として開業したい

接骨師として独立開業する場合は、接骨師会に入会すると様々なメリットがあります。接骨師会は、独立開業までの支援や融資を受ける方法の助言もしてくれます。また開業後もコンサルタントとして助言してくれたり、療養費の入金までの立替金の準備まで対応してくれます。