開業をサポートしてくれるフランチャイズ|募集条件なども事前に確認

接骨師として開業したい

治療

接骨師の開業方法

文字通り自分の腕だけで患者さんの脱臼や捻挫を治療する接骨師を目指す人は多く、将来は皆独立開業を志しています。しかし接骨師としての実力はあっても、経営者としては未知数です。このため独立開業を支援してくれる接骨師会が注目されています。接骨師会とは接骨師に独立開業は勿論のこと、開業後も様々な支援をしてくれる団体で数多くあります。まず開業支援ですが、接骨師会では物件探しから始まり、内装やベッドや医療機器等の備品手配まで手伝ってくれます。開業まで約3ヶ月みておけば良いでしょう。肝心の開業資金が不安な人にも色々アドバイスしてくれます。日本政策金融公庫からの融資を受ける方法や弁護士まで紹介してくれる接骨師会もあるので利用すると良いでしょう。できるだけ公的で金利の安い融資を受けるようにしましょう。無事に開業後も安定した顧客を確保するための努力が必要です。このあたりの経営ノウハウを助言してくれるコンサルタントのような業務も接骨師会は行ってくれるので積極的に利用しましょう。また接骨院の収入である療養費は請求して入金されるまで5〜6ヶ月かかります。しかし税金の納付は待ってくれませんので一時的にせよまとまった立替金が必要です。接骨師会では立替金も準備してくれるので非常に助かります。また場合によって税理士さんも紹介してくれるので必要なら利用しましょう。以上のように接骨師会に入会すると様々なメリットがありますので、信頼できる接骨師会を見つけて入会しましょう。